log

【秋冬】 田口

2012年11月07日 | お寺のよこ

お久しぶりです。前回、光岡さん掲載の記事からだいぶ投稿が滞ってしましたが。
ところで季節はすっかりと秋冬のシーズンとなりました。
私は特に真冬が大好きです。陰気なのでしょうか、理由なんて思い浮かばないんですがとても気が落着きます。もしかしたら前世はエスキモーだったのかも。
クリスマスに大晦日、お正月にバレンタインデイ。コタツにミカン、ケンタッキーにお餅。
大いに楽しみましょう。冬を。ニコッ

10:08 | Posted by admin

【商店街の野良猫と】 松林

2012年10月31日 | きみさんち

ある町の商店街の終わりの方に野良猫を発見した。
何処へ向かうのか商店街の道路を横切っていた。

「チュッチュッチュ」と舌を鳴らしたところ、野良猫は立ち止った。
そして道の端に素早く移動してこちらを見ている。

何も悪い事はしないよ。ってなオーラを出しつつ近付くと、野良ちゃんも満更でもないらしく、止めてある自転車のペダルや、定食屋の看板に身を擦りつけながら近寄って来る。

さすが、商店街に生息しているだけあって、人に慣れているんだと感心しつつ、可愛いなと、お互い近寄っていく。

適当な所で座って、右手を出して待っていると、更に寄ってきた野良ちゃん。

「おいで、何も挙げられる物ないけど、撫でてあげるよ」
その言葉を信じてか否か、こちらに来て右手に触れてきた。

その瞬間、自分の右手中指と野良ちゃんの鼻先の間に、静電気が“バチイッ!!”

激しく驚き逃げ去る野良ちゃん。

乾燥している自分と、空気と、世の中に、適度な湿気を与えてくれます様に。
そして、冬ももう間近である事を知らされた。

そんな健康診断の帰り路であった。

12:47 | Posted by admin

【きみさんちの屋根裏大運動会10月8日編】 田中

2012年10月09日 | きみさんち

22:30突然天井でゴトゴトと物音がする。
ENさんが起きたのかなと思い2階に様子を見に行くが当の本人はいびきをかいて寝ている。
何の音?まさか泥棒?外に出て屋根を確認するが猫の子1匹いやしない。
部屋に戻りPCに向かうと今度は廊下・台所・居間・スタッフルームの天井で何かが走るようなダダダーと言う音に包まれる。何事だ!
良く音を聞いてみるとダダダーという音の中にチューチューと言う何者かの声が・・・
チューチュー?  ナンダねずみか・・・音の正体が分かったところで一安心。
何も体育の日だからって天井裏で走り回らなくても良いのに!!
しかも夜中にリレーをするとは!こっちはびっくりするじゃないですか!!
1時間後にこの大運動会は終演を迎えるのですが、家のばあちゃんが言っていた事を思い出しました。
「屋根裏のねずみがうるさくなったら天変地異が起こる前触れだから気をつけな」と。
本日はそうならない事を祈りつつさー仕事!仕事!
*きみさんちに4年ほど在籍していますがこんな事は始めてでした。

12:47 | Posted by admin

【鬼の霍乱】 松林

2012年09月17日 | きみさんち

久し振りに体調を悪くした。
仕事帰りに蕎麦屋でカツ丼を食べたのだが、途中で断念する程満腹になった。
カツ丼は美味しかったけど、胃袋は全てを受け付けなかった。
一晩中、満腹感は続き、カツ丼以降、翌日も何も口に出来ない状態。
しかも、その日は夜勤勤務。
それまでに体調を戻さないと、という思いとは裏腹に身体が思い通りにならない。
胃薬と栄養ドリンクを飲み職場へ。
申し送りを受けた後、日勤の田中さんに正直に打ち明け、色々と助けてもらった。
夜勤帯の仕事をこなすうちに体調も回復してきて、サブ勤の堀内さんの顔をみてホッとした。
夜勤明けの本日は、寝ることに専念した。
お陰で体調も回復。
今回、言いたいことは、この職場の同僚たちは「仲間」だと改めて感じたということ。
そして、歳を取るということは、カツ丼にさよならをしなければいけないんだな、ということ。

12:48 | Posted by admin

【変な夢】 田中

2012年09月01日 | きみさんち

昨晩変な夢を見た。
なぜか、私の夢の中にキム ジョンイル総書記が出てきて、北朝鮮と日本とはこうあるべきだと私に教科書のようなものを広げ講義をしていると言うものだった。
何をしゃべっていたのか忘れてしまったが、なぜに北朝鮮?
なぜにキムさんと???が募るばかり。
私が夢の中で見たジョンイルさんは、本当にやさしい、人間味あふれる学校の教員のように見て取れ、テレビで報道されていた独裁者的風貌は全く見られなかった。もうお亡くなりになった方が、どうして私の夢に出てきたのか?しかも政治の話をしたのか?本当に不思議な夢だった。
原因は昨日きみさんちスタッフと飲み会を開いた際、きみさんちについて語り合ったせいかもしれない。でもなぜにジョンイルさん?

12:48 | Posted by admin

【夏の過ごし方】  2012,08,24 光岡

2012年08月24日 | お寺のよこ

夏が好きです。もしかしたら四季の中で一番好きな季節かもしれません。
特に海水浴やキャンプ等レジャーを楽しむ訳ではありません。じりじりと強い日差しの中散歩をしたり、汗をかきながらのんべんだらりと昼寝をすることが好きなのです。ありていに言ってしまえば、ぼんやり、のんびり過ごすことが大好きな私にとっては、夏はその最適な季節という訳です(冬は突き放されているような感じがして好きになれません。
日照時間も短いので一日を損した気分にもなります。夏はその逆で、得した気分になります。夜が好きな方は理解に苦しむでしょうが)。
しかし寄る年波なのかアラフォーになってきて大好きだった暑さが身に応えるようになってきました。一昨年は記録的な猛暑だったのですが、自宅で過ごしている際は殆ど冷房を使用しませんでした。しかし、昨年、今年と一昨年と比較したら暑さは緩和しているにも関わらず、冷房を使用する頻度が増えてきています。自分の体質が変化している証と言えるかもしれません。
お寺のよこでも、入居者の方が熱中症にならない為に、適度に冷房を使用しています。ただ、時々冷房が効きすぎているかなと思うときもあります。夏場に適度に汗をかくということは体温調節をする上でも大切なことなんですね。冷房を使用し過ぎると発汗機能、体温調節ともに低下する恐れがあります。となると、体調を崩し易くなる可能性が高くなります。冷房との付き合い方は工夫する必要がありますね。
私がお寺のよこに入職して初めての夏を迎えた時。お寺のよこでは冷房は殆ど使用されていませんでした。その際に入居者の方はどのように夏と対峙されていたか。ある入居者の方は暑くなるとふらっと縁側に行かれて風に当っておられました。暑さをものともせずに1時間近く外出されている方もいらっしゃいました。皆さん水分はしっかりと摂っており、大きく体調を崩される方はおられませんでした。皆さんの基礎体力や、夏の過ごし方の逞しさに驚いたことを憶えています。あれから6年余。半分以上の方が未だお寺のよこにいらっしゃいます。その時とは違い、自ら動くことが難しくなった方や水分を摂取する際に介助が必要な方が多くなりました。それに伴い冷房を使用する頻度も多くなってきています(その間に熱中症の危険性が世間的にもかなり高まってきていることも理由の一つではあるでしょう)。
ただ、語弊を恐れずに書くならば、もう少し冷房を使用する機会を少なくしたら、あっと驚くような夏の過ごし方を見せてくれる入居者の方もいるかもしれません。入居者の方の逞しさをもう一度見てみたいかな、と思うのはいけないこと(?)ですかね。

10:08 | Posted by admin

【せみがとりもつ仲】 2012,08,13 田中

2012年08月13日 | きみさんち

先日きみさんちの外塀でせみが1匹誕生した。
虫大好きのOさんにせみが生まれているよ。見においでよと誘うと何処だどこだと興味津々で外に。それにつられて普段めったに自分からアクションを起こすことが少ないENさんも外に出てきて虫観察開始。

ファイル 36-1.png

Oさん「生まれてこの方始めてみたね。殻ならいっぱいあるけど・・・」
ENさん「油蝉ならあるんだけどな・・・こんな木のないとこで珍しいな」
Oさん「可愛いけど大丈夫か」
ENさん「がんばれよな」
私はしばしこの2人の会話を聞いていた。
普段あまり会話が弾まないこのお二人。同じ目的を持つとこうも会話が弾むのか!
せみがとりもつ仲とはこういう事を言うのか・・・?

12:49 | Posted by admin

【初めての当選】 田中

2012年08月05日 | きみさんち

8月4日、父がなにやら嬉しそうに話しかけてくる。
「当たったんだよ!!」
何が当たったのか分からないまま話をしていると
「3月のキャンペーンで葉書を出したらこれが当たったんだ!!」
見ると宝焼酎750ml特選非売品木箱入りと書かれた箱の中から焼酎が一瓶。
父は生まれてこの方くじ運など無く、たまたま出した宝焼酎のキャンペーン葉書が見事当選していたらしい。これが初当選!!
毎日晩酌を欠かさない父。当たった品物がお酒だったものだからなおさら嬉しさが倍増した模様。
何を思ったのか母の位牌に向かい「お前が当ててくれたんだよな。ありがとな。」
とお礼を言い出し、なぜか1滴も飲めなかった母のお骨の前にその焼酎は飾られている。
でも、その焼酎が無くなるのは時間の問題だと思う。
だって、私もお酒は好きだから!!!

12:50 | Posted by admin

田口

2012年08月04日 | お寺のよこ

10月、私の付き合いが長い幼馴染の友人が結婚式を控えています。
今はサプライズに向け時間を見つけては演奏予定の曲を練習したり、ビデオレター等の作成を練ったり、幼馴染を号泣させる為の豪華すぎる素敵な言葉を考えたりしています。
そして・・・我がお寺のよこでは、毎年恒例日帰り旅行の時期となりました。
さぁて今年は何処にいくのでしょうかねぇ。(どきどき)
11月、法人内で何かイベントを決行すると言うお話しをうかがいました。とても楽しみですね。。(わくわく)
12月、個人的に一番好きな時期に季節です。。まだ8月なのに想像しただけで舞い上がってしまいました。
8月、現在猛暑の真っ只中です。熱中症とクーラー病には充分気をつけていきましょうね。ニコッ!

10:09 | Posted by admin

【母の偉大さ】 田中

2012年07月26日 | きみさんち

先日、17日に私の母が入院先の病院で心不全のため亡くなりました。
きみさんちスタッフには約1年間、勤務などの配慮・ご協力により
無事に25日に見送ることができました。本当にありがとうございました。母の死を通して、改めて思うことが2つありました。それは、
居るべき場所にその人が居るだけで幸せなんだと言う事と、母の偉大さです。うちの母は、専業主婦でしたので炊事・洗濯・家事はもちろん、ご近所の付き合いや祖母の面倒を見ることが日課になっていましたが、いなくなって見て大変な事を365日毎日行って来ていたんだなと改めて思い知らされております。
学生のころは何か言われるたびに「うるさいなー」と思っていた自分ですが、いざその人が居なくなってしまうと言われていた時がどんなに幸せだったんだろうと・・・
これから365日母がやって来た事を私が背負わなくてはいけないと思うととても不安で心配で心細くなるときがあります。
まだまだ心の整理が付かない状況ではありますが、母から教えてもらえなかった事をきみさんちのご利用者の皆さんに教えてもらいながら頑張って行こうかな・・・行けるかな・・・?

12:51 | Posted by admin